NEWS

2021/09/29   授業   

プレスリリース【個別最適化学習と学力変化】株式会社Libry

デジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」を提供する株式会社Libryによる

1人1台のICT端末とデジタル学習教材を活用した教育効果について、

十文字中学・高等学校の事例が紹介されました。

十文字では、文科省が推進する「GIGAスクール構想」にさきがけ、2019年より、高校1年生から1人1台パソコンを導入。

2020年からは数学の授業において、リブリーを活用しております。

今回は生徒の全国模試の結果で、S3(難関私大・国公立レベル)およびA1(難関私大・国公立可能レベル)の生徒が増加していることが示されました。

【個別最適化学習と学力変化】十文字中学・高等学校での事例

 〔検証概要〕

  対象:高校1年生

  科目:数学

  比較年:2018年〜2020年の3年間

  データソース:全国模試の毎年1月の結果

  リブリー導入年度:2019年〜

本校の強みであるICTの活用。その成果がデータとしても表れてきています。