十文字中学・高等学校
29/38

2929十文字の朝は、創立以来続く自彊術(じきょうじゅつ)体操から始まります。この体操は「自彊不息(じきょうやまず:常に自分を鍛え続ける)」という理念から生まれたものです。内臓の位置を正しく整え、骨格を矯正し、筋肉を伸張し、血液の循環を調整することが健康づくりの基本とする考えに基づいて作られたものです。リフレッシュするのが自彊術の特徴です。朝の陽光を浴びながら何よりも気持ちよく一日のスタートが切れます。生徒たちはこの伝統ある体操により、どんなことでもコツコツと続けることの大切さを実感します。じきょうじゅつ自彊術体操第5時限13:00HR・講習クラブ活動など 15:35下校16:30(平日)14:00(土曜日)居残り生徒下校18:00(4月~10月)17:30(11月~3月)図書館の活用●読書ノート【中】…読書の記録、感想の記入(定期的にチェック)●「○○山」の山頂を目指そう!シート…読破した本のページ数に応じて、シートの登山道をなぞったマスに色を塗り、見事登頂すると次の山にチャレンジできる読書マラソン。●「読書への誘い」…〈必読・推薦図書274点の内容紹介を添えた100ページの小冊子〉を入学時に全員に配布。●「読書への誘い」スタンプカード…掲載の本を読むと返却時にスタンプがもらえて5個集めるとプレゼント。●「読書のすすめ」…〈おすすめの書名と簡単な内容紹介〉を学期に1回ほど発行●読書感想文コンクール【中1・2・3・高1】…夏休みを利用して感想文を提出、校内審査のうえ、表彰。優秀作品はライブラリーニュース紙上に掲載。●読書感想画コンクール【中・高】毎日新聞社主催応募●卒業時に図書館の貸出記録を記念に渡す【中・高】●お薦め本コーナーを図書館のカウンター側に設置。●閲覧机の上に生徒からのおすすめの本の紹介文をカードに書いて提示。●授業、行事、話題となったニュースなどに関連した紹介コーナーを設置。●図書館購入図書については毎月、読書・選書委員会を開き、各教科等教員側の希望の他に、生徒からの希望図書をも候補に入れて、一層の利用を図っている。●新着図書案内の発行(毎月1回以上)●蔵書数 約73,000冊(2019年3月現在)●学級文庫を各教室に設置 

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る