十文字中学・高等学校
22/38

2222英語十文字では様々な協働学習を通して、集団の中での自分の役割を身につけさせ、生徒一人ひとりの「自己有用感」を養成します。 英語はその学びを広げるツールの一つです。自分の思い描く未来の中に、日本地図だけでなく、世界地図を描いてもらいたい。そのような想いを実現するために、十文字の英語では3つの柱となるプログラムを用意しています。生徒一人ひとりが豊かな語彙力を持ち、他者の考えを理解し、自分の意見を的確に表現する力を養えるよう、授業を行っています。授業や読書を通じ、書く機会を多く設けるとともに、学習メソッド「論理エンジン」なども取り入れ、正確に読み取り、書く力を育てます。また成長段階に合わせた良書を定期的に選び、読書指導を行っています。新聞のコラムを読んで要旨をまとめたり、グループディスカッションを行うなど、さまざまな考え方を理解し、自分の考えを言葉で表現する機会も多く設けています。さらに、詩・短歌・俳句・紀行文等を創作・発表することで、豊かな感性を育むように努めています。古典は、基礎的な力をしっかり身につけられるよう、中3から独立した授業を行っています。単に内容を読解するのではなく、古典を身近なものとして親しみを持つことが力を伸ばす鍵と考え、古典作品の趣きを意識した創作を行ったり、グループ学習を行うなど、古典の「心」を楽しめるような授業を心がけています。国語・ネイティブ英作文添削・オンライン英会話・Show & Tell 発表会発信力育成プログラム・英語プレゼンコンテスト・音読録音トレーニング(RepeaTalk)・イースターエッグ作り体験・ハロウィンカード作り体験マルチカルチャー体験プログラム・川崎ローズブーケ作り体験・オーストラリア語学研修・洋書を使ったStory Telling協働学習プログラム・洋書翻訳プロジェクト・英語ミュージカル(有志)

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る