さくら会からのお知らせ

平成31年度さくら会総会

平成31年度さくら会総会を4月29日(昭和の日)に母校 講堂にて開催しました。
十文字一夫理事長、十文字佑子副理事長、橋本ヒロ子校長、清田和久学監をはじめ諸先生方をお招きし、高女17回生から高校71回生までの会員が集いました。
総会出席者343名(ご招待者含)

・村田会長挨拶
アトラクションのシャンソンでは良い歌を聴き心のリフレッシュを、不老先生のご指導による自彊術では、身体のリフレッシュをしてほしい。本日は楽しく過ごしてください。
・橋本校長ご挨拶
「おかえりなさい!」フィルムに映った秋葉先生もきっとそういうと思う。 入試状況は、中学は第一志望者が増え増加傾向にあり喜ばしいが、高校は県外補助金の条件の厳格化で、減少傾向にある。大学進路では、今年は医学部に8名合格し、文武両道で在校生も頑張っている。新たに副理事長制度を作り十文字佑子先生が就任した。

・副理事長ご挨拶
皆さまの元気なお顔を拝見出来て、とても嬉しい。十文字幼稚園で培った知恵を活かして頑張るのでご協力をお願いしたい。

・清田学監ご挨拶
1月に60歳の還暦を迎え、地元の熊本に帰り高校の同窓会に出席した。同窓会では思い出話は尽きず自分の礎にとなっていると確信した。皆様も元十文字生ではなく、今も十文字生のつもりで健康第一に行動してほしい。

・大学事務局長 岡本英之様のお話
100周年記念事業への寄付金は、奨学金等に充てたいので、皆様 お気持ちでお願いします。
・新会員挨拶(71回生)   山﨑 結衣

・議事
議長に市川副会長が選出され、滞りなく議事が進行しました。議案の事業報告、会計報告、会計監査報告、事業計画案、予算案審議は、すべて原案通り承認されました。

・十文字理事長ご挨拶
人生には、上り坂、下り坂、まさかの坂があるので、新たに副理事長制度を設けた。100周年記念事業についての寄付金については、こと先生は人に頼るのを嫌ったが、奨学金で学校に通う生徒が増加しており、その充実に充てたいのでお気持ちで、ご無理のない範囲でご協力頂きたい。

・アトラクション
今年のアトラクションは、ピアニストの吉川正夫氏をお招きし、卒業生による「麗しのシャンソンショー」を行いました。そして吉川氏による素晴らしいピアノ演奏の後、引き続き吉川氏の伴奏で、会場の出席者全員で「学生時代」と校歌を唄いました。
出演:高10蘭 渡邉治子 ・高18桂 篠原くに子

・自彊術
毎年好評につき、不老先生ご指導のもと自彊術体操を行いました。

※総会終了後は、カフェテリアでのお食事・歓談に加え、同期会・クラス会も多数行われました。

Home > さくら会お知らせ > 活動報告 > 平成31年度さくら会総会