十文字高等学校
29/60

JUMONJI 29これから受験に向かう在校生にとって、自分たちと同じ環境で過ごした先輩たちのアドバイスほど、糧になるものはありません。本校のOGたちは後輩に対して学習方法や受験期の心がまえについて惜しみないアドバイスをしてくれます。毎年の多方面への進学成果は、まさに先輩と後輩の絆によって生まれたものです。合格体験を聴く会先輩から後輩へ受け継がれていく、“頑張れ!”の気持ち卒業生からのメッセージ自分の絶対的な強みは、文章を書くことである、そう信じて、私は慶應の試験会場へと向かいました。試験終了後、目を伏せると戻らない時間がいたずらに流れ、目を上げるとそこには見てくれと言わんばかりの光が溢れていました。これからはどうしたら社会に貢献できるのかについてしっかりと学び、決して威張らず、芯の強い人間でありたいと思っています。森吉蓉子さん慶應義塾大学 環境情報学部十文字の良いところは、明るい雰囲気と先生達同士や先生と生徒との関係が良い所だと思います。そのおかげで十文字では大学入試に必要な基礎知識を知らないうちに身につけることができました。大学では西洋史を学びたいと思っています。留学もして自分の視野を広げたいとも思っています。山本鈴子さん上智大学 文学部 私は高3の7月まで部活を行っていましたが、部活を通して最後までやり抜く精神力など、受験や人生にもつながる大切なことを学ぶことができました。将来は、誰に対しても平等に幸せを与えられるような人になりたいと思っています。中原和佳子さん上智大学 総合人間科学部大学では、様々なことを広く学び、自分が本当にやりたいことを見つけていきたいと思っています。十文字の環境は、自分の中にあった学問への興味を発見し、実力を伸ばして行くには最適だと思っています。皆さんも自分の興味を探してみませんか。錦朋花さん早稲田大学 文化構想学部学習面では、自分に何が必要であるかを常に考えるようにしていたので、計画性と自分で解決する力が身に付きました。文化祭では責任者を務め、リーダーシップや協調性など、社会に出て必ず役立つ力を身につけることができました。6年間十文字に通って本当に成長できたと思います。塩田亜実さん早稲田大学 商学部マンドリン部に入っていたおかげで、勉強面では諦めない気持ちや計画の立て方など役立つ事も学びました。参考書で調べても分からない所などは先生に質問し、先生は真摯に向き合ってくださいました。十文字での経験を活かし大学では色々な事に挑戦していきたいです。佐野陽香さん早稲田大学 文化構想学部大学では、伝達手段としての「コトバ」の歴史とこれからについて学びたいと思っています。デジタル時代の現在でも、物事を伝えるということは、唯一アナログで永遠に残るものだからです。自分の興味ある分野に意識を向けさせてくれたのは、十文字の環境のおかげです。日々感謝して勉学に励もうと思っております。柳堀まどかさん早稲田大学 教育学部OG’s Voice

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る