十文字高等学校
20/60

JUMONJI 20教科ガイド 国語国語今、自己内外に対する鋭い批評精神を持ち、自ら社会に発信して行く人が求められています。確かな知識と深い教養に支えられた論理的な思考力と柔軟な発想力、そして自分の言葉で表現する力の育成が国語科の使命です。2年までには、基本的な文章読解力・古典文法を修得し、3年からは、大学入試を見すえ、演習の時間で実践的な内容に入っていきます。また記述問題・小論文の添削を通して、書く力の錬成を実践していきます。ディベートや発表の場を多く作っています。生徒は話し合いからレジュメ作成、発表まで力を合わせて行ない、その過程で文献を調べる力、自分の意見を構築していく力を養います。アウトプットを大切にする授業の中で様々な発見や感動が生まれます。学年ごとの目標志望分野に関連する新書、古典作品の現代語訳、修学旅行研究として現地に関連する小説など、様々な文章に触れる機会を頻繁に設けています。また、授業で時間をかけて取り組む作品(例えば「こころ」)などについては、教科書でなく文庫本を用いて授業を行います。現代文・古文・漢文をバランスよく学んでいき、作文・レポート作成・研究発表の機会も多く作り、自分の言葉で表現できる力の養成に努めています。実践例Jumonji Active Learning

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る