十文字高等学校
34/56

JUMONJI 34クラブ活動クラブ活動は、学芸部と運動部合わせて33の部と6つの同好会があります。日々の練習のほか、大会やコンクールに挑戦したり、演奏会を開催したりして、意欲的にレベルを向上させています。チームの一員として、様々な人との出会いから社会性を身につけ、さらには限られた時間を有効に使うことにより高い集中力が身につき、健康と強い精神力を養います。今年1月、第25回全日本高等学校女子サッカー選手権大会で初の日本一に輝きました。21年前に同好会として発足したサッカー部は、現在中高ともに女子サッカーの強豪校として知られています。活動日は週5日で、日曜日には試合が行われるなどハードスケジュールですが、その分部員たちは、授業に集中したり、限られた時間を有効に使ったりするなど時間を上手に使う工夫をしています。その結果、慶應義塾大学や早稲田大学などの難関大学に進学する生徒もいます。主将 村上真帆さん(写真:中央) 早稲田大学へ進学「自分はもともとあまりリーダーシップを発揮してというタイプではなく、苦しかったこともありましたが、先生がそういう立場に自分を置いてくださって、そこで自分も少しは成長できたかなと思います。最後に努力が報われて優勝できましたが、これは、選手だけでなく部員全員の力であり、神戸まで応援にかけつけてくださった皆様のおかげだと思っております。決勝戦のピッチに立ち、観客席を見たとき、とても勇気をいただきました。」鈴木紗理さん(写真:右) 慶應義塾大学へ進学「ピッチに出ている選手だけではなく、スタンドで応援してくれている同級生や後輩が、一体となって勝ち取った優勝だと思います。自分自身も、文武両道という環境に自らを置いて、サッカーと学業を両立させようという強い気持ちがあったからこそプレー面だけではなく、精神的にも成長できたと思います。」松本茉奈加さん(写真:左) 早稲田大学へ進学「今回優勝できたのは、先生や友人、家族など自分を支えてくれた人が周りにいたおかげです。選手同士いろいろと意見がぶつかったこともありましたが、最後に全部がつながって優勝することができたと思います。十文字に入学して本当に良かったと思っています。」第25回全日本高等学校女子サッカー選手権初優勝みんなでつかんだ日本一みんなでつかんだ日本一マンドリン部水泳部全国高等学校ギター・マンドリン音楽コンクール「イタリア総領事賞」受賞全日本ユースライフセービング選手権大会入賞多数全日本ライフセービング大会決勝進出バトン部バトントワーリング全国大会銀賞2014年 全国1位「文部科学大臣賞」全国大会

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る