十文字高等学校
19/56

JUMONJI 19数学 教科ガイド数学1年、2年では思考力と論理力の養成と同時に確実な問題解答を目指すのに必要な計算力の養成をはかります。3年ではそれらのことを踏まえて、既習内容の定着と問題解決力を高め、入試問題を解ききる力をつけます。学年ごとの目標◆電子黒板を利用して、空間図形や軌跡などの授業において、イメージしながら理解することに繋げています。◆3年の演習の授業展開の1つとして、1つの問題に徹底的にこだわって取り組んでいきます。解答できた生徒が、他の生徒の前で実際に解いたものを示し、その問題の解法を説明、その場で別解、質問などの質疑応答を行い、より一層、問題解法に関する解決力に繋げ、定着度を高める工夫をしています。実践例【勉強スタイルの確立】◆予習・復習の習慣化◆定期テスト・模擬試験の振り返り◆小テストなどによる既習内容の定着【志望に応じた継続的な学習】◆放課後講習による志望に応じた分野別学習◆夏期・冬期・春期休暇における目的別講習【得点力を上げるための実践的な演習】◆センター試験対策・記述対策などの 志望別の授業展開1年1年2年2年3年3年

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る