十文字中学・高等学校
22/62

JUMONJI 22教科ガイド 国語国語〈高校〉現代は論理的な思考をもち、社会に自らが発信していく女性が求められています。確かな知識の積み重ねと深い教養、そして思考力と柔軟な発想を育て、自分の言葉で表現していく力の育成こそが重要だと私たちは考えています。現代に対する鋭い批評精神を大切に育てていくこと。多くの作品に触れ、自分の世界を広げていくこと。そして、その中で自分自身のアイデンティティを確立し、未来を切り開く力を育てる授業を心がけています。授業では、ディベートや発表の場を多く作り、自分の言葉で表現できる力の育成に努めています。生徒は話し合いからレジュメ作成、発表まで力を合わせて行います。自分の力で発表していく中で、文献を調べる力、そこから自分の意見を構築していく力を養います。アウトプットを大切にする授業の中で、様々な発見や感動が生まれています。生徒は文学作品を読み味わい、評論で新たな考えを取り入れて自分の世界を広げていくことができるのです。〈中学〉生徒一人ひとりが豊かな語彙力を持ち、他者の考えを理解し、自分の意見を的確に表現する力を養えるよう、授業を行っています。授業や読書を通じ、書く機会を多く設けるとともに、学習メソッド「論理エンジン」なども取り入れ、正確に読み取り、書く力を育てます。また成長段階に合わせた良書を定期的に選び、読書指導を行っています。新聞のコラムを読んで要旨をまとめたり、グループディスカッションを行うなど、さまざまな考え方を理解し、自分の考えを言葉で表現する機会も多く設けています。さらに、詩・短歌・俳句・紀行文等を創作・発表することで、豊かな感性を育むように努めています。古典は、基礎的な力をしっかり身につけられるよう、中3から独立した授業を行っています。単に内容を読解するのではなく、古典を身近なものとして親しみを持つことが力を伸ばす鍵と考え、古典作品の趣きを意識した創作を行ったり、グループ学習を行うなど、古典の「心」を楽しめるような授業を心がけています。◆ 読書…課題図書を定期的に配布(中1~中3)◆ 創作…俳句・炎天寺一茶まつりへの参加(中3)◆ 漢検への全員参加◆ 古典に親しむ…百人一首大会(中1~中3)中学高校◆ 高村光太郎「智恵子抄」グループ発表(高2)◆ 夏目漱石「こころ」研究発表(高2)◆ 森鴎外「舞姫」研究発表(高3)教科 Topics

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る