十文字中学・高等学校
19/58

JUMONJI 19◆魅力あふれる授業展開十文字では、英語のプレゼンをしたり、ハロウィンやクリスマスなどの行事に合わせた作品作りをしたり、図書館で英語の絵本を読んだり、話題の歌や映画を授業に取り入れたりと、楽しみながら英語を学びます。3学期にはミュージックフェスティバル(洋楽合唱祭)を開催。1年間で学んだ20曲近くからクラスで1曲選び、みんなで振り付けを考え、発表します。英語を通してクラスの団結力が高まります!◆豊富なデジタル教材全教室に設置されている電子黒板を活用し、オリジナル電子教材、デジタル教科書、映像などを通して、より分かりやすく、より楽しく、より活動的な授業を展開しています。CALL教室には最新の機器がそろっており、ヘッドセットを使用したペアワークや、自分の発音を録音し、提出することもできます。また放課後にはパソコン教材を使って英検の勉強も可能です。◆Show & Tellコンテスト(英語でのプレゼンテーション)クラスの中で発表する機会は日常の授業のなかに多くありますが、その集大成として年に1度、全員参加のコンテストを実施します。自分の作ったイースターエッグや自分の好きなものについて原稿を作り、クラス全員の前で発表します。クラス代表に選ばれた生徒は講堂にて学年全員の前で発表し、表彰されます。◆外部検定試験への挑戦1年生で4級、2年生で3級、3年生で準2級の英検取得を目指します。オンライン型クラウド学習システム「英検CAT」を使用し、自宅での学習をサポートします。また2次試験前には、先生と1対1で面接の練習をする機会もあり、自信を持って本番に臨めます。2年生からはGTECにも挑戦し、中学のうちから書く力にも自信をつけます。◆洋書を使ったアクティブラーニング(Story Telling)洋書を使った活動のひとつです。まずは読解から。翻訳家になったつもりで日本語に直していきます。その後はプロの朗読家になったつもりで、日本語、英語の両方で朗読の練習をし、iPadで収録します。日本語も練習することで、自然と感情を込めて英語を話すようになります。昨年度は「シンデレラ」に挑戦しました。◆英語専用成績表(Transcript of Scholastic Record)普段の小テストの結果や提出物の状況を載せた英語専用の成績表を作成し、定期試験ごとに渡しています。英語の学習は日々の積み重ねが何よりも大切です。その日々の積み重ねが反映されたこの成績表には、生徒それぞれの課題が隠されており、生徒たちはここから次の目標を見つけます。◆オンライン英会話・英作文添削1対1での充分な指導が難しい話す力・書く力をさらに伸ばすために、今定期的に実施しています。①オンライン英会話セブ島の語学学校のネイティヴ講師と1対1で会話ができるオンライン英会話を授業に導入しています。思うように話せない悔しさや会話が弾んだ喜びなど、様々な感情を通し、もっと英語を話したいと意欲的に学習するようになります。②英作文添削テーマに沿って自分の力で100語以上の英文を書き上げます。それを外国にいるネイティヴの先生が添削し、評価し、そしてコメントをつけて返してくれます。自分の英文に対する「世界にひとつだけ」のコメントに生徒たちは励まされ、もっと書けるようになりたいという気持ちになります。◆英語科主催スピーチコンテスト原稿作りから練習までネイティヴの先生に指導してもらいます。各学年の優勝者は、朝礼で全校生徒の前でスピーチを披露。先輩にあこがれる後輩も多くいます。テーマ例・「自分について」 Self-Introduction・「将来の夢」 My Future Dream・「尊敬する人」 Someone I Admire・「日本をよくするには…」 How We Can Improve Japan◆身近な外国人講師十文字には、ネイティヴの先生が5人います。週1回の英会話の授業では1クラス2分割の少人数の授業を実施。ハロウィンパーティーなども行われ、楽しみながら英会話を学びます。中学では、それぞれ外国人講師がひとり学年に所属しており、校外学習や遠足などに同行したり、一緒に掃除をしたりと日々の生活をともにします。◆English Marathon十文字の図書館には、英語の童話、読み物、洋書がたくさんそろっています。授業での多読指導だけでなく、より多くの洋書に触れてもらえるよう図書館と連携をとっています。多くの洋書を読み切った生徒にはプレゼントも!英語 教科ガイド教科 Topics

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る